蒸気自動炊飯機

特徴
 立体式の角型で、備付面積は3.3平方m(一坪)以内で済みます。
 本機は密閉式で、比較的低い蒸気圧力でも本機内に蒸気が充満するため、各段共に平均された温度によりむらなく炊飯が出来ます。
 また、コゲが絶対出来ない本機は、簡単な副食の調理にも利用できます。
 アルマイト食缶は板厚2mmで全プレス加工品で、食缶のまま炊き上げ、配食が出来ます。
 標準型自動式で炊飯に関する蒸気の送り込み条件が設定されているため、どんな時も同じ条件でご飯が炊き上がります。
 操作計基盤は全面集中方式ですから、操作もすごく簡単です。タイマーを所定の数字にセットするだけで、炊き上がりからむらし完了まですべて自動的に処理されます。
 自動圧力制御装置付ですからもっとも安全です。
蒸気自動炊飯機
仕様・その他
  内部段数 食缶収容数 1個の炊飯量 重量
2号 4 8 3.7kg 400kg
3号 4 8 6.0kg 500kg
4号 5 10 6.0kg 600kg
5号 5 15 5.2kg 900kg
6号 6 18 5.2kg 1.000kg
7号 6 18 6.0kg 1.100kg
8号 7 21 6.0kg 1.200kg
10号 5 30 5.2kg 1.500kg
12号 6 36 5.2kg 1.600kg
  • 扉はステンレスで化粧されておりますから、まことの優美な缶体です。
  • 5号以上の本機は0.8kg/cm2の使用圧力ですから、第一種圧力容器として基準局長の水圧検査合格証が添付されています。また、4号以下の本機は0.4kg/cm2の使用圧力ですから、小型圧力容器として扱い、弊社発行の責任ある保証書が添付されます。

お問い合わせ